Seit
21.7.2003

 

 

ドイツ研究者ネットワーク

 

 

トップ

 

 

 

ドイツの研究環境

 

ドイツの研究環境について一般的な情報をお伝えします。

 

 

 

ドイツの研究グラント

 

ドイツでグラントを得るに当たっての道しるべ。

 

 

 

ドイツで研究する

 

ドイツに渡って研究生活を行うのに役に立ちそうなサイトのリンク集。

 

 

 

なんでも掲示板

 

ドイツで研究をしていて思うこと、疑問点など、なんでも情報交換。

 

 

 

コラムなど

 

ドイツ研究事情に関係するコラム、論考などを掲載しています。皆さんの投稿もお待ちしています。

 

 

 

Wissenschaft und Technology in Japan

 

大使館発行の日本の科学技術ニュース情報紙(独語)。

 

ポツダムの新しい環境及び持続的成長の研究所の初代所長にテプファーが就任

(2月2日)

 

2月2日、シャヴァーン大臣及びヨハンナ・ヴァンカ ブランデンブルク州研究大臣は、元連邦環境大臣クラウス・テプファー教授がポツダムのIASSInstitute for Advanced Sustainablility Studies)の初代所長になることを発表。任務開始は今年秋。これにより50名の客員科学者、将来を嘱望される後継科学者からノーベル賞受賞者に至るいわゆるフェローが一定の期間自由に選択したテーマで研究を行うことができる。IASSBMBF及びブランデンブルク州学術研究文化省によって助成される。シャヴァーン大臣は「この研究所はテプファー教授の下、国際的な発信力を得、ドイツのこの領域における強力な位置づけを更に強化することになる」と語り、またヴァンカ大臣は立地の選択に関して、ポツダムには優れた諸研究機関もあり、それにより新しい研究所には優れた条件を提供することになるとし、歓迎の言葉を述べた。両大臣はまた気候・資源保護といった大きな地球的な課題に共同で当たっていくとの意図を強調した。