ホーム領事情報戸籍関係届出

領事情報


戸籍関係届出

届出の種類 手続き内容
ドイツでの婚姻手続 ドイツで婚姻なさるご予定の方へのインフォメーション
婚姻届 外国法で婚姻をなさった場合・日本人同士の婚姻
出生届 ドイツでお子様がお生まれになった場合
認知届 婚姻関係にない父母の間に生まれた子を認知する場合
離婚届 外国法で離婚された場合

 

 

婚姻届

ドイツ法による婚姻の場合

ドイツ方式での婚姻日から3か月以内に婚姻届を領事部窓口へ届出てください。

必要書類(配偶者の一方が外国人の場合)

  1. 婚姻届(窓口に用紙があります) 2通
    婚姻届用紙のダウンロード  記入例
  2. 戸籍謄本(又は抄本) 1通
  3. 婚姻証明書(Heiratsurkunde) 1通
  4. 同和訳文(当館所定の書式に記入) 1通
    和訳フォームのダウンロード
  5. 外国人配偶者のパスポート 1通
    (婚姻当時有効なもの。国籍を証明できる身分証明書でも可)
  6. 同和訳文(当館所定の書式に記入) 1通
    和訳フォームのダウンロード: パスポート(ドイツ) 身分証明書(ドイツ)

必要書類(日本人同士の婚姻の場合)

  1. 婚姻届(窓口に用紙があります) 3通
    婚姻届用紙のダウンロード
  2. 夫と妻の戸籍謄本 各2通
  3. 婚姻証明書(Heiratsurkunde) 1通。
  4. 同和訳文(当館所定の書式に記入) 1通
    和訳フォームのダウンロード

日本法による日本人同士の婚姻

外国にいる日本人同士が婚姻しようとする時は、日本の市区町村役場に直接届け出るか、外国の在外公館に届出を出すことができます。

必要書類(日本人同士の婚姻の場合)

  1. 婚姻届(窓口に用紙があります) 3通
    婚姻届用紙のダウンロード
  2. 夫と妻の戸籍謄本 各2通

注意事項

  1. 新しい本籍地を別の市区町村に定めるときは、いずれの婚姻の形態でも提出書類はすべて一通ずつ多く必要です。
  2. 婚姻証明書(Heiratsurkunde)はできる限りインターナショナルな証明書(A4サイズで裏面に数ヶ国語での記入があるもの)を提出願います。なお、この証明書は返却できませんのでご了承ください。
  3. 婚姻の相手が外国人の場合、外国人配偶者と同一の氏(姓)となることを希望する場合には、婚姻後6か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ずに外国人配偶者の氏に変更することができますので、「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出してください。
  4. 戸籍に関する各種届出は、窓口に提出してから、日本の市区町村の戸籍に反映されるまでに約2か月を要します。
  5. 婚姻届は、郵送による届出も可能です。返信用封筒(A4サイズ)と1.45ユーロ分の切手を同封の上、当館領事部にご請求いただければ、届出用紙など必要書類を送付いたします。郵送での届出の場合には外国人配偶者のパスポート又は身分証明書の認証されたコピー(beglaubigte Kopie)を提出してください。コピー認証はパスポートの場合は表紙、人定事項欄(写真があるページ)、発行官庁印のあるページの見開き計3枚、身分証明書の場合は表裏両面を提出する必要があります。

送付先
Botschaft von Japan, Konsularabteilung
Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin

ページトップに戻る

 

出生届

出生の日から3か月以内に領事部窓口へ届けてください。

必要書類

  1. 出生届 2通(領事部窓口に用紙があります。)
    出生届用紙のダウンロード  
    記入例
  2. 出生証明書(Geburtsurkunde)1通
  3. 上記2.の和訳文 1通
    和訳フォームのダウンロード

注意事項

  1. 出生時に外国籍も併せて取得している場合(例えば、父または母がドイツ等の外国籍者である場合等)は、出生から3か月以内に出生届を提出しなければ、日本国籍を失うことになります。
  2. お子様の名前に使用できる漢字は常用漢字人名漢字に限られます。
  3. 戸籍に関する各種届出は、窓口に提出してから、日本の市区町村の戸籍に反映されるまでに約2か月を要します。
  4. 出生届は、郵送による届出も可能です。返信用封筒(A4サイズ)と1.45ユーロ分の切手を同封の上、当館領事部にご請求いただければ、届出用紙など必要書類を送付いたします。その際、子供の両親の国籍、婚姻関係の有無を明記してください。
    送付先
    Botschaft von Japan, Konsularabteilung
    Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin
  5. (1) 婚姻関係にない日本人父と外国人母から出生した子供は、その出生により日本国籍を取得できないため、出生届を受理
        することができません。
    (2) 但し、子の出生前に日本人父が胎児認知を行なっていれば、子は日本国籍を取得することができます。この場合は、
        認知届を提出した上で、外国人母が子の出生日から3か月以内に出生届を届け出ることになります。
    (3) 2009年の国籍法改正により、婚姻関係にない日本人父と外国人母から出生した子は、出生後に日本人父が子を認知
        すれば国籍取得届を行なうことにより日本国籍が取得できるようになりました。詳細については、当館領事部までお問い
        合わせください。

ページトップに戻る

 

認知届

婚姻関係にない父母の間に生まれた子を認知した場合、3か月以内に領事部窓口へ届けてください。

必要書類(配偶者の一方が外国人の場合)

  1. 認知届(窓口に用紙があります) 2通
    認知届用紙のダウンロード  
    記入例
    • 認知届2:日本人女性の子(胎児)を外国人父が認知した場合の認知届
    • 認知届3:日本人女性の子を外国人男性が出生後に認知した場合の認知届
    • 認知届4:日本人男性が外国人女性との子(胎児)を認知した場合の認知届
  2. 戸籍謄本 1通
  3. 認知証明書 1通
  4. 同和訳文 1通
  5. 外国人父、又は母のパスポート(身分証明書でも可) 1通
  6. 同和訳文 1通
    和訳フォームのダウンロード: パスポート(ドイツ) 身分証明書(ドイツ)

注意事項

  1. 婚姻関係にない日本人父と外国人母から出生した子供は、その出生により日本国籍を取得できないため、出生届を受理することができません。
  2. 但し、子の出生前に日本人父が胎児認知を行なっていれば、子は日本国籍を取得することができます。この場合は、認知届を提出した上で、外国人母が子の出生日から3か月以内に出生届を届け出ることになります。
  3. 2009年の国籍法改正により、婚姻関係にない日本人父と外国人母から出生した子は、出生後に日本人父が子を認知すれば国籍取得届を行なうことにより日本国籍が取得できるようになりました。詳細については、当館領事部までお問い合わせください。

ページトップに戻る

 

離婚届

ドイツの裁判所にて離婚成立後、日本側に離婚届を提出する必要があります。

必要書類

  1. 離婚届 2通
    離婚届用紙のダウンロード
  2. 戸籍謄本 1通
  3. ドイツの裁判所発行の離婚判決謄本原本(Scheidungsurteil) 1通
  4. 同和訳文 1通

注意事項

  1. 外国人との婚姻により、外国人の氏(姓)を称している方が離婚した場合、離婚確定日から3か月以内であれば、家庭裁判所の許可を得ずに婚姻前の氏に変更することができますので、希望する場合には「外国人との離婚による氏の変更届」を提出してください。
  2. 戸籍に関する各種届出は、窓口に提出してから、日本の市区町村の戸籍に反映されるまでに約2か月を要します。
  3. 離婚届は、郵送による届出も可能です。返信用封筒(A4サイズ)と1.45ユーロ分の切手を同封の上、当館領事部にご請求いただければ、届出用紙など必要書類を送付いたします。

送付先
Botschaft von Japan, Konsularabteilung
Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin

 



サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222