ホーム領事情報在留邦人及びドイツを訪れる皆さまへ


独におけるテロ脅威報道について


 2月6日以降イラクで行方不明となっているドイツ人女性とその子息の映像が、3月 10日、アル・アラビーヤ放送とアルジャジーラ放送で放映されました。
  また、3月11日、イスラム系のインターネットサイトで、独政府等に対する警告ビ デオ映像が流され、その中で犯行グループは「独連邦軍がアフガニスタンから撤兵しな ければ、ドイツは引き続き脅迫と危険に晒される」と述べた旨、報じられています。これらの報道に関し、独政府関係者は「独においても一般的な危険が高まっている。我々 は世界的な脅威の一部にある。(独の)状況は引き続き深刻である。」と述べた旨伝えられています。

 つきましては、在留邦人の皆様におかれては、テロ関連の情報には引き続きご留意頂くとともに、外出される際には、周囲の状況に注意を払うなど安全確保に十分留意され 、テロ等に巻き込まれることのないようご注意ください。





サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222