ホーム領事情報在留邦人及びドイツを訪れる皆さまへ


クリスマス・マーケットにおける薬物入りシュナップス(蒸留酒)にご注意ください【2011年12月】

11月下旬から、ベルリン市内各地においてクリスマス・マーケットが開催され、人気を集めています。しかし、12月7日以降、見知らぬ男が来場者に対し、小瓶入りもしくは紙コップ入りのシュナップス(アルコール)を無料で提供し、それを飲んだ来場者が吐き気等を催し病院に運ばれるという事件が市内の複数の場所で発生しています。在留邦人の皆様及び当地への旅行者の皆様におかれては、被害に遭うことのないよう十分な注意が必要です。


【事件概要】

  1. 12月7日、8日及び10日にベルリン市内のクリスマス・マーケットの来場者に対し、見知らぬ男が無料で小瓶入りあるいは紙コップ入りのシュナップスを勧め、飲んだ来場者が病院に搬送される事件が計7件発生しました。
  2. 発生場所は、いずれもベルリン市内のクリスマス・マーケットで、ミッテ地区のOpernpalais,Alexanderplatz及びシャルロッテンブルク地区のBreitscheidplatzです。
  3. 容疑者と見られる男は年齢45歳くらい、身長180センチ、やせ形、リュックサック所持との報告のほか、30歳から40歳くらい、身長173センチから180センチくらい、中肉、サンタクロースの格好との報告がありました。
  4. 手口としては、「娘の誕生を祝おう」と言って飲用を勧めるケースが報告されています。
  5. 飲用した来場者はいずれも吐き気を催し、嘔吐したほか、一時的な記憶の喪失等を訴えて病院に搬送されています。現時点いずれも生命に別条はないとのことです。
  6. 混入されていた薬物については、いわゆるノックアウト・ドロップスといわれる強度のアルコールを含むものと見られています。
  7. ベルリン州警察は捜査を開始するとともに、クリスマス・マーケットの来場者に対し、見知らぬ者から提供された飲料を飲まないように呼び掛けています。

【ポイント】

  1. クリスマス・マーケットにおいて、見知らぬ人から「娘(息子)の誕生を一緒に祝わないか」と無料で飲料を提供される、あるいはサンタクロースの格好をした者から無料で飲料を提供される場合には、絶対に口にしないでください。
  2. 不審に思った場合には、直ぐに携帯電話等から、緊急の警察直通番号である110番に通報してください。

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222