ホーム領事情報在留邦人及びドイツを訪れる皆さまへ


【渡航情報(広域情報)】ロシア探査機「フォボス・グルント」の落下について

  1. 露連邦宇宙庁(ロスコスモス)は、2011年11月9日に宇宙空間に打ち上げられた火星衛星探査機「フォボス・グルント」が現在地球周回軌道上に位置し、モスクワ時間で今月15日16時12分(日本時間同15日21時12分。時差-5時間)を中心とした15日~16日の期間中に、地上北緯51.4度~南緯51.4度の間の地域に落下するとの同庁専門家の予測を公表しています。同庁専門家は、長年の国際統計によれば、軌道から逸れる宇宙機器はほとんどすべての場合において、厚い大気圏で完全に燃え尽きており、その残骸が害を及ぼすことはないとしていますが、総重量200kg以下の耐熱部品約20~30からなる宇宙機器残存物が地表に達する可能性はあると指摘しています。
  2. 同探査機の落下に関しては、以下のホームページから関連情報を入手することが可能ですので、必要に応じ関連報道と併せ参照してください。
    文部科学省: http://www.mext.go.jp/b_menu/houdou/24/01/1314966.htm

【問い合わせ先】
○外務省領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐に関する問い合わせを除く)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1  電話:(代表)03-3580-3311(内線)5140
○外務省領事サービスセンター(海外安全担当)
  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1 電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902
○外務省海外安全ホームページ:http://www.anzen.mofa.go.jp/  (携帯版)http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp

 

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222