ホーム領事情報在留邦人の皆さまへ


ドイツにおけるテロの脅威に関する注意喚起【2015年1月】

2015年1月20日掲載

  1. イスラム過激派が、ベルリンやドレスデンでテロを計画していたとの報道がありました。
  2. ベルリン及びドレスデンの警察によれば、各市にある中央駅等大きな駅では制服警察官を増強配備する等警備が強化され、デモの際の警備も強化されるとのことです。
  3. また、毎週月曜日に行われていたドレスデンにおけるPEGIDAデモですが、このような情勢から1月19日(月)のデモは中止となりました。しかし、今後デモが実施されることがあるのか、情勢は流動的です。
  4. つきましては、以上の状況を考慮し、デモや集会には安易に近づくことなく、大勢の人が集まる場所においては周囲の状況に注意を払い,不審な状況を察知したら速やかにその場を離れるなど、テロ事件や不測の事態に巻き込まれないよう、安全確保に十分注意を払ってください。
  5. 欧米諸国には、テロに関する渡航情報(広域情報)が出ているほか、フランス、ベルギーにはスポット情報が発出されています。テロ・安全情報については、海外安全ホームページをご参照下さい。また、旅行の際には、「旅レジ」への登録をお勧めします(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jpへ)。

 

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222