ホーム領事情報在留邦人の皆さまへ

クリスマス・マーケット開催に伴う注意喚起

2017年11月30日掲載

(ポイント)
●今週以降,ベルリンをはじめ,ドイツ国内各地においてクリスマス・マーケットが開催されています。
●クリスマス・マーケットを訪れる方やイベント等を狙ったテロに注意してください。
●最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には、安全確保に十分注意を払ってください。また, スリ等にも十分警戒してください。
●情報収集には「たびレジ」を活用してください。

(本文)
1 今週以降,ドイツ国内各地においてクリスマス・マーケットが開催されておりますが,クリスマス・マーケットを訪れる方やイベント等を標的とするテロに注意する必要があります。また,クリスマス・マーケット等の警備のため手薄となった観光地等でのテロの可能性も注意する必要があります。

2 昨年12月19日,ベルリンのクリスマス・マーケットにおいて,大型トラックによるテロ事件が発生しました。また,本年11月には,ドイツ全土でイスラム原理主義者らの一斉捜索が行われ,エッセン市のクリスマス・マーケットを狙ったテロ計画があったことが明らかになったとの報道もあります。

3 ベルリン州警察やザクセン州警察等治安当局によると,治安当局は,最近の欧州テロ情勢をふまえ,本年,クリスマス・マーケットにおいて,会場と車道を遮断するブロック等遮へい物を設置したり,制服警察官を増員する等目に見える警備体制を強化しているとのことです。

4 以下の対策をお願いします。
(1)最新の関連情報の入手に努める。
(2)クリスマス・マーケット等人が多く集まる場所や施設がテロの標的となりやすいことを十分認識する。
(3)上記(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。
(4)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。
【全般的注意事項】
●不測の事態の発生を念頭に,避難の際の経路等についてあらかじめ確認する。
●パニック状態となった群衆の中で負傷するおそれもあり,周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。
【車両突入の場合】
●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。
【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】
●頑丈なものの陰に隠れる。
●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。

5 各州警察では,来場者を狙ったスリへの警戒も呼びかけています。皆様におかれては,万が一に備えて以下の対策をお願いします。
○ 現金,キャッシュカード,身分証明書等の貴重品類は,チャックやボタンの付いた衣服の内ポケット等に別々にして身につけてください。
○ ハンドバッグやショルダーバッグはボタンやファスナーを閉めて前に掛けるか脇に抱えてください。
○ 首から提げる貴重品入れ、腹巻き型貴重品入れ、ウェストポーチ、チェーンでベルトに繋がっている財布等をできるだけ利用してください。
○ 人混みには特に注意し,人が混雑する場所はなるべく避けてください。もし,誰かから突然ぶつかられたり,挟み込まれたりした場合には,更なる警戒が必要です。
○ キャッシュカード等を紛失した場合には,すぐに使用停止手続きを行ってください。
○ 盗難被害に遭った場合には,すぐに最寄りの警察署に届け出てください。

6 在留届の提出または,「たびレジ」への登録を必ず実施してください。
3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,3ヶ月未満の場合は「たびレジ」への登録を必ず実施してください。(「たびレジ」の登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/ )渡航先の最新安全情報や,緊急時の大使館又は総領事館からの連絡を受け取ることができます。また,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。

 

 

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222