ホーム領事情報戸籍関係届出 - ドイツでの婚姻手続

領事情報


戸籍関係届出 - ドイツでの婚姻手続

ドイツ法での婚姻に必要な書類

ドイツ法によって婚姻する場合の必要書類については、まず婚姻する市区町村を管轄する戸籍局(Standesamt)にお問い合わせください。通常、戸籍局から要求される書類として、出生証明書(Geburtsurkunde/Geburtsbescheinigung)と婚姻用件具備証明書(Ehefähigkeitszeugnis)があります。さらに各書類にアポスティーユ(Apostille)が必要になってくる場合もありますので、各書類を申請する前に戸籍局でアポスティーユが必要か否かも合わせて確認することをおすすめします。

  1. 出生証明書(Geburtsurkunde/Geburtsbescheinigung)
    日本の本籍地から発行された戸籍謄本(婚姻する本人の母親の旧姓が記載されているものが必要)をもとにドイツの在外公館で作成されます。詳細に関しては当館ホームページの 出生証明書の欄をご参考になさってください。

  2. 婚姻用件具備証明書(Ehefähigkeitszeugnis)
    本人が独身で、婚姻するに何ら法的障害がないことを証明するものです。この証明書は日本国内でのみ入手できます。
    この証明書を入手するには婚姻する相手のパスポートのコピー(身分事項のページ)をとり、名前、国籍、生年月日を日本語に翻訳したもの(名前はカタカナで表記)に戸籍謄本一部を添えて、最寄りの地方法務局、または市町村役場に申請します。ご家族の方による代理申請も可能です。第三者に依頼する場合は「委任状」が必要となります。
    証明書を入手した後、ドイツ語の翻訳証明書を作成する必要があります。翻訳証明書の詳細に関しては当館ホームページの翻訳証明書の欄をご参考になさってください。

  3. アポスティーユ(Apostille)
    ドイツの戸籍局によっては、上記1.に必要な戸籍謄本および2.の証明書が真正なものであるという日本の外務省による認証を要求されることがあります。この認証はアポスティーユ(Apostille)といい下記の窓口で申請することができます。

    申請先: 
    外務省領事局 領事サービスセンター(証明班)
    〒100-8919東京都千代田区霞ヶ関2-2-1 外務省南庁舎1階
    TEL.: 03-3580-3311(代表)/ 2308, 2855(内線)

    大阪分室(大阪府庁内)
    〒540-0008 大阪市中央区大手前2-1-22 大阪府庁本館3階
    TEL.: 06-6941-4700(直通)

    海外からの申請はできませんので、海外に滞在されている方は国内代理人を通じて申請してください。なお国内からの郵便による申請・受け取りは可能です。必要書類等の詳細は外務省のホームページの各種証明・申請手続きガイドをご参考になさってください。

 

 

日本の在外公館への婚姻届に必要な書類

ドイツの戸籍局で婚姻が成立しましたら、3か月以内に居住地を管轄する日本の在外公館に「婚姻届」を提出する必要があります。その際に必要な書類はつぎのとおりになります。

必要書類(配偶者の一方が外国人の場合)

  1. 婚姻届(窓口に用紙があります) 2通
    婚姻届用紙のダウンロード  記入例
  2. 戸籍謄本(又は抄本) 1通
  3. 婚姻証明書(Heiratsurkunde) 1通
  4. 同和訳文(当館所定の書式に記入) 1通
    和訳フォームのダウンロード
  5. 外国人配偶者のパスポート 1通
    (婚姻当時有効なもの。国籍を証明できる身分証明書でも可)
  6. 同和訳文(当館所定の書式に記入) 1通
    和訳フォームのダウンロード: パスポート(ドイツ) 身分証明書(ドイツ)

必要書類(日本人同士の婚姻の場合)

  1. 婚姻届(窓口に用紙があります) 3通
    婚姻届用紙のダウンロード
  2. 夫と妻の戸籍謄本 各2通
  3. 婚姻証明書(Heiratsurkunde) 1通。
  4. 同和訳文(当館所定の書式に記入) 1通
    和訳フォームのダウンロード

注意事項

  1. 新しい本籍地を別の市区町村に定めるときは、いずれの婚姻の形態でも提出書類はすべて一通ずつ多く必要です。
  2. 婚姻証明書(Heiratsurkunde)はできる限りインターナショナルな証明書(A4サイズで裏面に数ヶ国語での記入があるもの)を提出願います。なお、この証明書は返却できませんのでご了承ください。
  3. 婚姻の相手が外国人の場合、外国人配偶者と同一の氏(姓)となることを希望する場合には、婚姻後6か月以内に限り、家庭裁判所の許可を得ずに外国人配偶者の氏に変更することができますので、「外国人との婚姻による氏の変更届」を提出してください。
  4. 戸籍に関する各種届出は、窓口に提出してから、日本の市区町村の戸籍に反映されるまでに約2か月を要します。
  5. 婚姻届は、郵送による届出も可能です。返信用封筒(A4サイズ)と1.45ユーロ分の切手を同封の上、当館領事部にご請求いただければ、届出用紙など必要書類を送付いたします。郵送での届出の場合には外国人配偶者のパスポート又は身分証明書の認証されたコピー(beglaubigte Kopie)を提出してください。コピー認証はパスポートの場合は表紙、人定事項欄(写真があるページ)、発行官庁印のあるページの見開き計3枚、身分証明書の場合は表裏両面を提出する必要があります。

送付先
Botschaft von Japan, Konsularabteilung
Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin
Fax:  030 210 94 228

 

 

パスポートの姓の変更に必要な書類

上記の書類を提出後、5~8週間程で婚姻した本人の氏名を筆頭者とした戸籍が編製されます。戸籍が編製されてはじめて、パスポートに婚姻後の姓を変更することができます。

必要書類

  1. 一般旅券発給申請書(記載事項変更用)(来館時若しくは申請書をダウンロードの上記入)
    パスポート申請書ダウンロード
  2. 現在所有パスポート
  3. 婚姻の事実が記載された戸籍謄本(抄本)
  4. 婚姻証明書(Heiratsurkunde)等、綴りの確認ができる書類
  5. 写真1枚(カラー・白黒どちらでも可)
    縦4.5cm×横3.5cm、6か月以内に撮影したもの

婚姻に関する事項のご質問は下記までご連絡ください。

在ドイツ日本国大使館 領事部、Tel. 030 210 94 -158 / -175

 

 



サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222