ホーム領事情報在留邦人及びドイツを訪れる皆さまへ


楽器の一時輸入に関するEU関税法規則の改正について

2012年ドイツ,フランクフルト空港税関において日本人音楽家が持ち込もうとした楽器について,税関申告漏れを指摘され楽器が差し押さえられる事件が起きました。その後,2013年にEU加盟国は,旅行者が職業用具としてEU域内に一時的に輸入する持ち運び可能な楽器についてEU関税法規則の改正を行うことで合意し,この規則は11月21日より施行されることとなりました。この改正により,11月21日以降,職業用具として使用する持ち運び可能な楽器を一時輸入する旅行者は,税関において,申告する物が無い場合に利用する緑のゲートを通過できることとなります。ただし,EU域内在住者が楽器等を一時的に域外に持ち出して再びEU域内に持ち込む場合,EU域外へ出国する際にあらかじめ輸出申告等が必要となる場合がありますので,再入国の際に利用する空港を所管する税関にお問い合わせ願います。

 

 

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222