ホーム領事情報在留邦人の皆さまへ


【安全対策情報】ベルリン市内におけるデモの発生にかかる注意喚起

2018年3月16日掲載

【ポイント】
ベルリン市内において,今週末の3月17日(土曜日)に,複数のデモが予定されています。
最新の情報を入手して騒擾事件等不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

【本文】
1 ベルリン州治安当局等からの情報によれば,今週末3月17日(土)にベルリン市内において以下のデモや集会が相次いで行われる予定です。
(1)シリアに関するデモ
   3月17日13:00~17:00
   アレキサンダー広場から連邦議会周辺
   約350名規模
(2)人種差別問題に関するデモ
   3月17日夕方以降
   ポツダム広場からクルフェンステン通り
   約350名規模
(3)ナチス反対に関するデモ
   3月17日夕方以降
   アレキサンダー広場からパリ広場(ブランデンブルグ門東側)付近
   約1000名規模

2 ベルリン市内においては,これまでも大規模なデモや集会が相次いで行われ,デモ参加者の一部が暴徒化し騒擾事件に発展するなどしています。
(1)3月11日 クロイツベルク地区からミッテ地区にかけて,シリアにおけるトルコの軍事攻撃に反対するデモが実施され,デモ参加者の投石等により計14名の警察官が負傷。デモ参加者のうち計10名が一時身柄拘束。
(2)3月11日 ライニッケンドルフ地区のトルコ系モスクで火災が発生(ベルリン州警察は放火事件と見て捜査中)。
この他,ハンブルグ,シュトュットガルト,デュッセルドルフ等ドイツ各地においても,シリアにおけるトルコの軍事攻撃に反対する大規模なデモが行われており,関係当局等では厳重な警戒警備を実施しています。

3 つきましては,ベルリンおよび近郊にお住まいの皆様並びに旅行者の皆様におかれましては,次の事項等に注意を払い,不測の事態,無用なトラブルに巻き込まれないよう心がけて下さい。
(1)テレビ,ラジオや新聞等の報道に注意を払い,最新の情報の入手に努めてください。
(2)不用意にデモや政治集会等には近づかないようにしてください。
(3)予期せずデモや騒擾事件等に遭遇した場合には,速やかに,かつ落ち着いてその場から立ち去るようにしてください。その際,現場の警察官の指示に従ってください。
(4)所属会社・団体や本邦緊急連絡先との間の緊急連絡手段を再確認してください。
(5)デモに伴い交通渋滞が発生する可能性もありますので,併せご注意ください。

4 なお,何らかの邦人被害情報等に接した場合には,当大使館に連絡してください。

(参考情報)
■ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/
■ 在留届(3か月以上滞在される方)
  https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/
■ スマートフォン用 海外安全アプリ
  http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(問い合わせ窓口)
○ 在ドイツ日本国大使館
  TEL: 030-210940 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)
  FAX: 030-21094222
  e-mail: taishikan-ryoujibu@bo.mofa.go.jp
  URL: http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222