ホーム領事情報在留邦人の皆さまへ


【安全情報】ベルリン・ハーフマラソン開催に伴う注意喚起

2018年3月26日掲載

【ポイント】
●4月7日(日)にベルリン・ハーフマラソンが開催されます。これに伴い,5日(金)から8日(月)にかけて,ベルリン市内各所にて交通規制が敷かれ,交通渋滞やバスなど公共交通機関の遅延・運休が見込まれるほか,マラソンコース付近は大変な混雑が見込まれます。
●最新の関連情報の入手に努めるとともに,大規模行事を狙ったテロ,スリや置き引きなど,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。

【本文】
1 4月7日(日)にベルリン・ハーフマラソンが開催されるほか,前日の6日(土)からベルリン市内において様々な関連イベントが行われます。
(1)4月6日(土)
  キッズ・ラン(11時スタート)
  キッズ・スケート(13時スタート)
(2)4月7日(日)
  インラインスケート・ハーフマラソン(9時30分スタート)
  車椅子マラソン(9時55分スタート)
  ハンドバイク(一般)マラソン(9時55分スタート)
  ベルリン・ハーフマラソン(10時05分から,順次スタート)

2 これに伴い,5日(金)20時頃から8日(月)6時頃にかけて,スタート及びゴール地点となる6月17日通りを中心に,マラソンコースとなるベルリン市内の主要幹線道路では交通規制が敷かれ,交通渋滞やバスなど公共交通機関の遅延・運休が見込まれるほか,マラソンコース付近は観戦者で大変な混雑が見込まれます。

3 昨年,ベルリン・ハーフマラソン大会の開催日に合わせて襲撃計画を企てた若者らが逮捕される事件が発生しており,このような大規模行事は依然としてテロや犯罪の標的となり得ます。

4 つきましては,ベルリン及び近郊にお住まいの皆様並びに旅行者の皆様,また特にマラソンに参加される方やコース付近で応援や観戦をされる皆様は,次の事項に注意を払い,不測の事態に巻き込まれないよう十分注意してください。
(1)テレビ,ラジオや新聞等の報道に注意を払い,最新の関連情報の入手に努める。
(2)イベント会場等人が多く集まる場所や施設は,テロ等の標的となりやすいことを認識し,常に周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,その場の状況に応じて安全確保に十分注意を払う。
(3)イベント会場や公共交通機関内など人混みの中では,所持品は身体の前で抱えるなど,目を離さない。

5 なお,ベルリン・マラソンや関連イベントのコース及び交通規制の範囲の詳細については,以下のウェブサイトをご確認ください。
■ベルリン・マラソン公式ウェブサイト
(ドイツ語)https://www.generali-berliner-halbmarathon.de/dein-rennen/start-strecke-ziel/start/
(英語)https://www.generali-berliner-halbmarathon.de/en/your-race/start-course-finish/start/

■ベルリン州警察ウェブサイト
https://www.berlin.de/polizei/dienststellen/direktion-einsatz/artikel.796234.php

(参考情報)
■「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)及び在留届(3か月以上滞在される方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■スマートフォン用 海外安全アプリ
http://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html

(問い合わせ窓口)
○在ドイツ日本国大使館
TEL: 030-210940 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)
FAX: 030-21094222
e-mail: taishikan-ryoujibu@bo.mofa.go.jp
URL: http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

 

 

サイトマップ | 連絡先 | このサイトについて
(c) Botschaft von Japan in Deutschland, Hiroshimastr. 6, 10785 Berlin, Tel: 030/21094-0, Fax: 030/21094-222