令和2年秋の外国人叙勲

2020/11/3
この度、令和2年秋の外国人叙勲として141名(うち女性24名)の受章者への叙勲を決定しました。
このうち、ドイツ国籍の方では、4名の方々が叙勲を授与されることになりました。叙勲受章者には、勲章及び勲記が授与されます。

 
賞賜 功労概要 主要経歴 ふりがな
氏名
国籍
現住所
旭小 日本・ドイツ間の学術・文化交流及び相互理解の促進に寄与 元 ベルリン日独センター事務総長 フリーデリーケ・ボッセ
(女)
Friederike Bosse
(58歳)
ドイツ
ベルリン州
ベルリン市
旭双 ドイツにおける日本文化の紹介及び日本・ドイツ間の友好親善に寄与 現 フランクフルト市立工芸美術館東洋部長 シュテファン・グラーフ=フォン=デア=シューレンブルク
(男)
Stephan Graf von der Schulenburg
(61歳)
ドイツ
ヘッセン州
フランクフルト市
旭双 日本・ドイツの地域間交流及び相互理解の促進に寄与 現 シーボルト協会第一会長 ウド・バイライス
(男)
Udo Beireis
(55歳)
ドイツ
バイエルン州
ヴュルツブルク市
瑞小 日本・ドイツ間の学術交流及び相互理解の促進に寄与 元 同志社大学文学部教授 クラウス・シュペネマン
(男)
Klaus Spennemann
(82歳)
ドイツ
京都府
城陽市