【安全情報】ベルリン市街地における現金輸送車等を狙った強盗事件に関する注意喚起

2021/2/24
(ポイント)
◯2月19日(金)午前10時頃、シャルロッテンブルク・ヴィルマースドルフ区において、現金輸送車が襲撃され現金が奪われる強盗事件が発生しました。
◯昨年夏以降、ベルリン市街地では現金輸送車や銀行を狙った銃器等を用いた強盗事件が連続発生しています。
◯「自分の身は自分で守る」という心構えを持ち、最新の治安情報の収集に努め、危険な場所には近づかない、多額の現金や貴重品を持ち歩かない、常に周囲を警戒し異状を察知したらすぐにその場から離れるなどの対策を講じてください。
 
(本文)
1 ベルリン州警察の発表等によると、2月19日(金)午前10時頃、シャルロッテンブルク・ヴィルマースドルフ区の通称クーダム通りにある銀行支店前において、現金輸送車を狙った強盗事件が発生しました。少なくとも4人組とみられる犯人は、係員2名を襲撃して現金を奪い、その場から逃走し、現在まで逮捕されていません。
2 昨年夏以降、ベルリン市街地では、現金輸送車や銀行を狙った銃器等を用いた強盗事件が連続発生しています。これら事件の大半は、平日の通学、通勤時間帯と重なる午前中の時間帯、かつ邦人の皆様が多く居住するシャルロッテンブルク・ヴィルマースドルフ区及びテンペルホーフ・シェーネベルク区等において発生しています。
3 ベルリンにお住まいの皆様や、通学、通勤されている皆様及び旅行者の皆様におかれましては、次の事項に注意を払い、不測の事態に巻き込まれないよう心掛けてください。 
(1)テレビ、ラジオ、新聞等の報道に注意を払い、最新の治安情報の入手に努める。
(2)常に周囲の状況に注意を払い、異状を察知したら、すぐにその場から離れる。
(3)事件に遭遇した場合には、現場に近づかず、安全な場所に避難することを心掛け、速やかにかつ落ち着いて行動する。
(4)多額の現金や貴重品を持ち歩かない(現金は分散して持つ。)。
 
その他、詳細は「安全の手引き」をご確認ください。
https://www.de.emb-japan.go.jp/files/000571381.pdf
 
(参考情報)
■ ベルリン州警察プレスリリース
https://www.berlin.de/polizei/polizeimeldungen/pressemitteilung.1055423.php
■ 「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)/ 在留届(3か月以上滞在される方)
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/index.html
■ スマートフォン用 海外安全アプリ 
https://www.anzen.mofa.go.jp/c_info/oshirase_kaian_app.html