ブランデンブルク州における防疫措置(連邦政府と各州政府の間の合意を受けた制限措置の一部緩和)

2020/5/1
 4月30日,ブランデンブルク州政府は,同日行われた連邦と州による協議の結果を踏まえて,5月4日以降の制限措置の一部緩和に関するプレスリリースを発出したところ,概要以下のとおりです。
 
1 本日行われた連邦政府と16連邦州の州首相とのテレビ会議では,直近の措置の緩和後の連邦各州における措置の調整を行った。同時に,ブランデンブルク州では既に部分的に実施されている,更なる措置の緩和について合意がなされた。
 
2 同テレビ会議で合意した事項は下記のとおり。
(1)礼拝はドイツ全土で再び可能となる。この措置は,既にブランデンブルク州の防疫に関する現行政令で,明確なルールを遵守する限り,5月4日以降実施されることになっている。
(2)博物館,追悼施設,動物園,鳥獣保護区及び動物公園などの文化施設は,同じく明確なルールを遵守する限り,再開することができる。これもブランデンブルク州では既に4月22日から再開可能となっている。
(3)子供の遊び場は,再開できる。ブランデンブルク州住民は,改正される政令により,5月9日から子供の遊び場の利用が再び可能になる予定である。
 
3 病院の収容能力を,(新型コロナウイルスの治療が必要な患者以外の)計画的施術のために再度使用を許可することも同じく合意された。
 
4 症例が激増した場合,措置の緩和が再度取り下げられる予定。
 
5 大規模行事はとりわけ注視すべきと見なされており,本日の協議では,8月31日までの大規模行事の禁止が確認された。
 
6 ブランデンブルク州においては,礼拝及び宗教行事(5月4日から),または参加者が50名以下のデモを除き,上記5の措置は引き続きすべての行事について適用される。
 
7 各州首相は,連邦政府と5月6日に協議を行うことを再度取り決めた。5月6日の協議の議題はとりわけ下記のとおりである。
(1)ホテルや飲食店等の観光インフラの取り扱いに関する計画案
(2)学校,保育所及びスポーツ施設の更なる段階的再開
 
8 現在のところ,5月8日に州閣議が開かれ,最新の必要なアップデートについて審議される。5月9日から,子供の遊び場を含むことについての,新しい政令が施行される予定。
 
【参考】
○ブランデンブルク州プレスリリース
https://www.brandenburg.de/sixcms/detail.php?gsid=bb1.c.665302.de