テューリンゲン州における防疫措置(制限措置の緩和に関する政令)

2020/5/12
 
 5月12日,テューリンゲン州政府は,新型コロナウイルスの防疫措置にかかる新たな政令に関するプレスリリースを発表したところ,概要以下のとおりです。
 新たな政令は5月13日に施行され,6月5日まで有効です。
 
1 対人間隔確保,接触制限,マスク(口と鼻を覆うもの。Mund-Nasen-Bedeckung)着用及び感染防止計画の存在が基本原則となる。
 引き続き他者との身体的・社会的接触を必要最低限とし,可能な限り常に最低1.5メートルの距離を確保すること。接触制限については,今後は他の同一世帯に属する複数名との接触を認める。
 小売店及び近距離公共交通機関におけるマスク着用は,将来的に罰則金を伴うものとなる。施設又はサービスの営業再開に際しては,感染防止計画の存在が前提となる。
 
2 政令が規定する工程表
(1)5月13日から:
ア 5月13日より,保健衛生計画を提示することができ,この政令において特別な規定のない全ての施設又はサービスは,営業を再開できる(親子療養施設,女性・家族センター,青少年センター,水族館等)。営業再開には保健衛生計画及び防止計画の存在を前提とする。営業再開には申請は不要であるが,求めに応じ所管当局に,以下の諸点を含む感染防止計画を提示しなければならない。
 ○ 提供される屋内外の施設面積
 ○ 換気設備,
 ○ 換気措置,
 ○ 間隔確保措置,
 ○ 入場人数規制,
 ○ 感染防止対策,及び
 ○ 従業員保護対策
イ 以下の規定を満たす場合には,介護施設及び障害者施設への訪問を段階的に認める。
 (ア)特定の1名による定期的な訪問であること。
 (イ)訪問時間が1日あたり2時間を超えないこと。
 (ウ)該当施設の大きさに応じ,間隔規定及び保健衛生措置の遵守が可能な人数であること。
 (エ)各空間ごとの入場人数制限及び施設内の動線が規定されていること。
 (オ)訪問者及び入居者の双方が,健康状態が許す限り,マスクを着用すること。
 
(2)5月15日から:
 5月15日より,飲食店及びその他の観光サービスの営業再開を認める。
 
(3)5月18日から:
 拡大された緊急託児から,全ての児童が平等に参加可能な,保育所の限定的な再開に移行する。右再開の順序と実施時点については,経営者と調整の上,各市郡が独自の責任で決定する。遅くとも6月15日までに全ての保育所が限定的な再開を開始しなければならない。
 
(4)6月1日から:
 6月1日より,フィットネススタジオ,屋外プール,湖水浴場,屋内の集会・スポーツ・余暇施設・サービスの再開が認められる。
 
(5)少なくとも6月5日まで,以下は引き続き閉鎖又は禁止される。
ア 屋内プール,サウナ,温泉,映画館,ディスコ,風俗店等の保健衛生措置の遵守又は接触者の追跡が困難な分野は閉鎖される。
イ プロチームスポーツは引き続き禁止される。
 
【参考】
 ○ テューリンゲン州政府プレスリリース
  https://www.tmasgff.de/medienservice/artikel/neue-thueringer-coronavirus-eindaemmungsverordnung-gibt-bedingungen-und-fahrplan-fuer-weitere-lockerungen-vor