日本の水際対策強化にかかる新たな措置(誓約書の導入等)

2021/1/14
【ポイント】
○1月14日より,全ての入国者を対象に,日本の検疫措置を遵守する旨の誓約書の提出が新たに必要となりました
○1月8日付けでお知らせした日本の水際対策強化に係る新たな措置(全ての入国者に対する出国前検査証明の導入等の措置)は引き続き有効です。なお,この措置期限が「1月末まで」ではなく,「日本の緊急事態宣言が解除されるまで」となりました。
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus311220.html
○なお,日本到着便の機内で配布される健康カードのほかに,日本到着前に「質問票Web」に必要な情報を入力し,発行されたQRコードを検疫官に提示する必要があります。
 詳細は以下の本文をよくお読みください。
 
 
1 日本の検疫措置を遵守する旨の誓約書
 1月14日より,全ての入国者を対象に,新たに日本の検疫措置(入国後14日間の公共交通機関不使用,14日間の自宅または宿泊施設での待機,位置情報の保存,保健所等から位置情報の提示を求められた場合には応ずること等)を遵守する旨の誓約書の提出が必要となりました。
○誓約書のフォーマット
 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00209.html
 日本語:https://www.mhlw.go.jp/content/000749635.docx
 英語:https://www.mhlw.go.jp/content/000749636.docx
 
 誓約に違反した場合,検疫法上の「停留」の対象になり得るほか,日本人については氏名等が公表され得る,外国人(在留資格保持者)については氏名等が公表されるとともに,在留資格取り消し手続及び退去強制手続の対象となり得ますので,ご注意ください。
 なお,誓約書を提出しない者に対しては,検疫所長の指定する場所(検疫所が確保する宿泊施設)で14日間待機することが要請されます。
 
2 「日本の水際対策強化に係る新たな措置」の期限変更
 1月8日付けでお知らせした日本の水際対策強化に係る新たな措置(全世界からの新規入国の一時停止措置,全ての入国者に対する出国前検査証明の導入等)は引き続き有効です。
 なお,この措置期限が「1月末まで」ではなく,「日本の緊急事態宣言が解除されるまで」となりました。
 https://www.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/konsular_coronavirus311220.html
 
3 質問票Webの事前登録
 日本到着時に提出が求められている検疫質問票については,従来の紙ベースの質問票に代わり,電子質問票(質問票Web)の運用が始まっています。ご自身のスマートフォンやタブレットから「質問票Web」にアクセスし,情報を入力した後に発行されるQRコードを検疫官へ提出するものです。また,この質問票Webに加え,別途日本到着便の機内において「健康カード」が配布されますので,日本到着時には検疫官に対し「質問票Web入力後に発行されたQRコード」と「健康カード」の双方を提出してください。
 スマートフォンやタブレットなどのデバイスをお持ちでない場合は,到着空港に設置されたPC端末の利用が可能ですが,台数に限りがあるため,可能な限り事前(出発前)に入力しておくことをお勧めします。
 なお,航空機搭乗前の入力は必ずしも求められていませんが,航空会社によっては「質問票Web」への入力後に発行されるQRコードを提示しないと搭乗手続きができない,としている航空会社もありますので,日本への入国・帰国を予定されている方はご注意ください。
○質問票Webへの到着前入力(厚生労働省)
 https://p-airnz.com/cms/assets/JP/pdf/questionnaire_website_jp.pdf
○質問票Webへのアクセス
 https://arqs-qa.followup.mhlw.go.jp/#/
 
4 詳細につきましては,以下の外務省ホームページをご確認ください。
○新型コロナウイルス感染症に関する水際対策の強化に係る措置について
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/ca/fna/page4_005130.html#section2
○Border enforcement measures to prevent the spread of novel coronavirus (COVID-19)
 https://www.mofa.go.jp/ca/fna/page4e_001053.html
 
【問い合わせ窓口】
厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)
日本国内から:0120-565-653
海外から:+81-3-3595-2176(日本語,英語,中国語,韓国語に対応)
出入国在留管理庁(入国拒否,日本への再入国)
  電話:(代表)03-3580-4111(内線4446,4447)
外国人在留支援センター内外務省ビザ・インフォメーション
  電話:0570-011000(ナビダイヤル:案内に従い,日本語の「1」を選んだ後,「5」を押してください。)一部のIP電話からは,03-5363-3013