メクレンブルク・フォアポンメルン州における防疫措置

2020/3/19
1 州政府の決定(3月17日付)
A 既存の10の措置(下記2)に加えて実施される措置
(1)小売業の営業禁止
食料品・飲料品販売店,週の市場,受取販売,宅配サービス,薬局,衛生・医療関連施設,ドラッグストア,ガソリンスタンド,銀行,郵便局,理容店,クリーニング店,コインランドリー,新聞販売店,ホームセンター,飼料販売店,卸売店以外の営業禁止。日曜日も営業可。
 
(2)サービス業,手工芸等
サービス業,手工芸,セラピー等健康に関する専門職は,求められる衛生面の条件を遵守するのであれば継続して営業が可能。
 
(3)その他の施設
バー,クラブ,ディスコ,居酒屋,劇場,コンサートホール,博物館,メッセ,展示会,余暇施設,動物園,大型専門店,ゲームセンター,カジノ,馬券売り場,売春宿,公立及び民間のスポーツ施設,プール,フィットネススタジオ,遊園地等の営業禁止。
 
(4)レストラン
6時から18時の間,各テーブルの距離を最低2メートル離した状態で営業可。また,同じ店内に同時に50名以上いてはいけない。店頭受け取り,配達サービスについては時間の制限なく営業可。
 
(5)ホテル,別荘,キャンプ場,キャンピングカー駐車場
ホテル,別荘,キャンプ場,キャンピングカー駐車場,あるいはシェアハウス等,観光目的の人を泊める施設の営業は禁止される。すでに州内に到着している観光客については遅くとも19日には出発しなければならない。
 
(6)MV州への私的な観光旅行
MV州への,休暇目的,研修目的,延期可能な医療サービスの享受目的での私的な観光旅行は禁止。
州内に第一の住居を有する人,第二の住居を有し州内で職務に就いている人,職務に就いている人はこの措置の対象外。
 
(7)立ち入り制限
すでに実施している制限に加え,予定される訪問からさかのぼって過去14日以内に国内外のリスク地域に滞在していた人の,子供・青少年の入院施設及び障害者施設への訪問を禁止する。
 
(8)会合
同好会,スポーツ団体,市民学校,音楽学校,その他課外の分野における公私の教育施設での会合は禁止。宗教上の礼拝も含まれる。
葬儀,埋葬のような延期が難しい集会については,現時点で20名以下なら許可される。
 
以上の措置については2020年3月18日午前6時から同4月19日まで有効である。
 
B 影響を受ける企業に対する,1億ユーロ規模の即時実施の経済対策及び追加的措置
(1)既存の保証及びローンの存続
(2)支払い能力支援のための州政府保証プログラム
(3)中小企業及び自由業のための助成金を通じた支払い能力支援
(4)州政府助成金の支払い手続迅速化
(5)無利子での税金支払い猶予をはじめとする財政的経済的措置
(6)中小企業のデジタル化支援
(7)労使との意見交換
https://www.regierung-mv.de/Landesregierung/stk/Presse?id=158587&processor=processor.sa.pressemitteilung&sa.pressemitteilung.sperrfrist=alle
 
2 州政府の決定(3月14日付)
(1)医療体制
病院に対し,集中的に治療が必要な患者のために医師,看護師及び必要な人員を投入し,集中治療及び人工呼吸器による治療が中長期にわたり持ちこたえられるよう計画を定めることを求める。州政府の要請により追加の人工呼吸器が調達される。
 
(2)イベント等
50名以上が参加するイベントは当面の間禁止。50名以下のイベントについては真に必要な場合のみ開催してもよい。重要な理由による例外については担当部局が許可する。
 
(3)学校,保育園,大学等
3月16日から4月19日まで,保育施設,公私立の学校,職業訓練学校,全寮制学校は休校。公共の秩序の維持等に関する職業に就いている親の子については緊急預かりを実施。
大学の夏学期の通学授業の開始は4月20日に延期。
 
(4)介護施設,医療施設
3月15日から4月19日まで,原則的に介護施設や病院は外部からの訪問者の受け入れ禁止。リハビリ施設,人工透析施設,診療所も同様。
 
(5)公共施設
博物館,図書館,市民プール,劇場,体育館,城及びインフォメーションセンター等の公共施設は3月15日から4月19日まで閉館。私的な営業についても同様に控えることが求められる。
 
(6)RKI(ロベルト・コッホ研究所)の指定するリスク地域からの帰還者
過去14日間以内にRKIが指定したリスク地域に滞在した者は,14日間自宅等にて待機することが求められる。右の者は,保育施設,学校,病院等に立ち入ることができない。
 
(7)役所の管理部門及び法務部門
州政府及び市の管理部門及び法務部門は,緊急計画を策定し,コアとなる業務を定めてその機能を維持する。受付業務は必要最小限となる。
 
(8)経済対策
企業への短期的な悪影響を緩和するプログラムを準備する。3月16日に州政府と郡・市の首脳部との間で協議される。
 
(9)州政府内の手続等
閣議決定については,案の提示から決定まで電子的手段により遠隔にて行うことが可能になる。
3月16日より,州首相府長官,各省次官,郡長,市長の間で毎日電話会議を開催し,統一的,戦略的な対応につき調整する。
3月16日より,省庁横断対策本部(Der interministerielle Führungsstab)が設置され,実務レベルで調整を行う。
 
(10)市民ホットライン
既に設置されているホットラインに加えて,午前8時から午後8時まで受付可能なホットラインを増設する。州首相府及び各省から5人が選出され,既に対応している担当者とともに対応にあたる。
https://www.regierung-mv.de/Landesregierung/stk/Presse/?id=158508&processor=processor.sa.pressemitteilung
 
3 州政府の決定(3月15日付)
メクレンブルク・フォアポメルン州,シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン州及びニーダーザクセン州は,3月16日より,北海及びバルト海の島々への観光目的の出入りを禁止する。それらの島々に居住している人々,仕事のために出入りする必要がある人は右措置の対象から除外される。