ベルリン州における防疫措置(小売店におけるマスク着用義務化)

2020/4/28

 4月28日,ベルリン州政府は定例記者会見において,明日4月29日から,すべての小売店においてマスク着用を義務化する旨発表しました。

 

 近郊公共交通機関内でのマスク(下記注ご参照)着用は4月27日から義務化されており,これまで小売店についてはマスク着用の推奨にとどまっていましたが,これが義務化されることとなります。規模を問わず,すべての小売店が対象となります。

 なお,6歳以下(6歳も含む)の子供は,この義務から免除されます。

 

(注)マスク:口と鼻を覆うものであり,いわゆる「コミュニティ・マスク」,簡単な医療マスクのみならず,自身で縫ったものや,布・ショール等でも可能。

 

○ ベルリン州ウェブサイト(小売り:スーパーマーケット,夜間営業グロサリーストア,ドラッグストア,その他店舗) 
 https://www.berlin.de/corona/massnahmen/einzelhandel/